パナソニック レッツノート B10 レビュー 特徴

サイトマップ
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド Panasonicレッツノート
パナソニックレッツノートの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、パナソニックレッツノートB10シリーズのレビューを掲載しています。
パナソニック Let'snote
パナソニックレッツノートB10レビュー(12年春モデル)
12年春モデルのレッツノート発表記念イベントに参加して、新モデルB10に存分に触ってきました。ここではB10の特徴・使用感などについて詳しくレビューしたいと思います。

B10は、レッツノートシリーズでも最も大きな15.1インチ液晶を搭載したA4ノート。それでいながら、重量は約1.9kgで、大きさを考えれば軽くなっています。なので外出先でも大画面液晶で快適に操作したい人にお勧めです。

またバッテリ駆動時間は約6時間を確保。レッツノートの他のモデルでは約16時間を確保しているものもあるので、正直もうちょっと長くなるとうれしいのですが、一般的なノートと同じレベルです。
パナソニック レッツノート B10レビュー
天板はレッツノートの特徴であるボンネット構造を採用。耐衝撃性に優れています。30cmの落下試験に合格しているので、ある程度の衝撃がかかっても大丈夫です。
B10
B10レビュー
デスクトップ並みの19mmのキーピッチを確保しているため、非常に打ちやすい。快適に入力作業を行うことができます。
窮屈さは微塵も感じません。
液晶
液晶は15.6インチを搭載。光沢なしのノングレアパネルを採用しています。光沢ありのグレア液晶と比べるとビビッド感がありませんが、照明などの映り込みが発生しないため、使い勝手はいいと思います。
映り込み
斜めから見ても映り込みが発生していないのがわかると思います。 最大解像度は1920×1080ドット。フルハイビジョンに対応しています。
フラットなデザイン
凸凹のないフラットなデザインを採用しているので、鞄からの出し入れもしやすいと思います。
エクスペリエンス
マシンの性能を示すWindows エクスペリエンスインデックスの値を使ってパフォーマンスを確認してみました(各項目の最高値は7.9)。グラフィックスはチップセット内蔵型のため相対的に低めですが、その他の値は高め。非常に高いパフォーマンスを発揮できるのがわかります。
パナソニック レッツノート B10レビュー
【まとめ】
レッツノートB10に触ってみた感想は次のとおり。

・レッツノートシリーズの中で最も大きな液晶を搭載しており、最大解像度も1920×1080ドットとフルハイビジョンに対応しているため、表示領域が広い。
・15.6インチノートとしては軽い。2kgを切っているので、外に持ち出すことも可能。
・標準電圧版Core i7プロセッサを搭載でき、高いパフォーマンスを発揮

以上のとおり、B10は、通常はデスクトップ代替マシンとして使用し、外にも持ち出して利用したいという人にお勧めのノートです。表示領域が広いので、作業効率を重視する方にもおすすめです。
Let's note B10
12年春モデル
直販サイト(My Let's倶楽部)をチェック!
おすすめネットショップでチェック!
Yahoo!ショッピング 楽天市場 ビックカメラ icon
レッツノートB10レビュー インデックス
特徴
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド