パナソニック レッツノート S8 レビュー 使用した感想

サイトマップ
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド Panasonicレッツノート
パナソニックレッツノートの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、パナソニックレッツノートS8シリーズのレビューを掲載しています。
パナソニック Let'snote
使用した感想/レッツノートS8レビュー
ここでは、レッツノートS8を使用した感想を書きたいと思います。
パナソニック レッツノート S8レビュー
まず挙げたいのが、パフォーマンスの高さです。標準版インテルCore2 Duoプロセッサを搭載しているので、きびきび動作してくれます。ノートだからといってパフォーマンスに妥協する必要はありません。このレッツノートS8には、軽快に動作する最新のWindows 7を搭載しているので、余計にそう思うのかもしれませんが。
次にバッテリ駆動時間の長さ。消費電力の大きい標準版CPUを搭載していながら、16時間(カタログ値)を確保したのは立派としかいいようがありません。でかけるときに、いちいち今日はACアダプタ持っていこうかどうか悩むのは面倒くさいですよね。このS8なら、日帰りならACアダプタを持って行く必要はありません。
高い堅牢性も魅力です。さまざまな試験にパスした堅牢性を備えているため、ちょっとやそっとの衝撃では壊れる心配がありません。キーボードの防滴性も優れているので、誤って水をこぼしても大丈夫。これだけ安全性が確保されていると、ある程度乱暴に扱っても構わないので、持ち歩いているときや操作しているときの心理的負担が大幅に少なくなります。
ちょっと残念だったのは、筐体が結構分厚いこと。堅牢性を確保するうえで必要なのかもしれませんが、もうちょっとスタイリッシュさがあってもいいような気がします。
後、スピーカーの性能が今ひとつなので、音楽CDを聴いたとき、音がこもる感じがしました。ただ、レッツノートはビジネスシーン向けのノートであり、スピーカーの性能が問われる機会はあまりないと思われるので、これはあまり気にしなくてもいいでしょう。
総合的に見て、性能面では、かなり満足度の高いレベルに達していると思います。性能+バッテリ駆動時間+堅牢性を備えたノートということであれば、他のノートに大きな差をつけているのは事実です。しかし、その分、価格も高めなのも事実。この価格に見合う意義をレッツノートに見出せるかどうかで、レッツノートの評価が決まると思います。
個人的には、このレッツノートS8は仕事用として使用するのであれば買いだと思いますね。価格よりも性能を重視するのであれば、十分メリットのあるマシンだと思います。逆にコストを重視する場合や動画/画像などのエンターテイメント機能を重視する場合には、物足りないかもしれません。
前のレビューへ
Let'snote S8
09年冬モデル
直販サイト(My Let's倶楽部)をチェック!
おすすめネットショップでチェック!
Yahoo!ショッピング 楽天市場 ビックカメラ
レッツノートS8徹底レビュー インデックス
特徴
開封作業
ファーストインプレッション
各パーツをチェック
同梱物をチェック
使ってみた
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド