パナソニック レッツノート S8 レビュー ワイヤレスWAN(WWAN)

サイトマップ
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド Panasonicレッツノート
パナソニックレッツノートの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、パナソニックレッツノートS8シリーズのレビューを掲載しています。
パナソニック Let'snote
ワイヤレスWAN(WWAN)/レッツノートS8レビュー
今回お借りしたレッツノートはワイヤレスWAN(WWAN)機能を搭載したモデルです。ワイヤレスWANとは、広域無線ネットワークの略称のことです。WWANの場合、携帯電話の通信事業主が提供する回線を利用して、ネットワークに接続できます。
レッツノートS8の場合、具体的にはNTTドコモのFOMA HIGH-SPEEDの新規格HSUPA対応の通信モジュールを内蔵しています。したがって、NTTドコモと契約すれば、外出先で高速ネットワークに接続することができます(詳しくは、「先進ネットワーク機能(直販サイト)」を参照)。受信最大7.2Mbps、送信最大5.7Mbpsの高速パケット通信が可能です。定額での利用が可能なので、ヘビーな使い方をする場合も安心です。
早速WWAN機能を使ってみましょう。タスクトレイにあるドコモコネクションマネージャアイコンをポイントします。このとき、圏内かどうかが示されるため、接続可能な状態かどうかを確認できます。
パナソニック レッツノート S8 ワイヤレスWAN(WWAN)
このアイコンをクリックすると、ドコモコネクションマネージャが起動します。「パケット(定額)」画面が表示されます。「接続の準備ができました」と表示されているので、そのまま「接続する」をクリックします。
ドコモコネクションマネージャ
接続確認メッセージが表示されるので、確認して「接続」をクリックします。この確認メッセージは表示しないように設定することも可能です。
接続確認
パナソニック レッツノート S8接続中
接続できました。一番下にある3つのバーは課金段階を示します。つまり、今月どのくらいのパケットを使用したのかを一目で確認できます。
接続
このドコモのサービスは、人口カバー率が非常に高いため、ほとんどの地域で問題なく接続することができます。地方在住だったり、地方に出かけることの多い人には必須といえるサービスです。
前のレビューへ 次のレビューへ
Let'snote S8
09年冬モデル
直販サイト(My Let's倶楽部)をチェック!
おすすめネットショップでチェック!
Yahoo!ショッピング 楽天市場 ビックカメラ
レッツノートS8徹底レビュー インデックス
特徴
開封作業
ファーストインプレッション
各パーツをチェック
同梱物をチェック
使ってみた
パナソニック レッツノート(Let's note)比較購入ガイド